美しさ

スタイリストが毎日の習慣を6つ呼んでいるので、女性は不毛の髪をしている


私達は私達の毛髪マスターに私達の繊維をどうするかについて絶えず尋ねます、しかし私達は彼らがどうやって彼らの毛髪の世話をするのか疑問に思いますか?

私たちは6人のプロのヘアスタイリストに彼らの個人的なヘアケア習慣と彼らが決してしないことについて尋ねました - メモをとってください!

髪をとかすな

"私は髪をとかすのを怠惰にすることは決してありません。ヘアスタイリストのクリスティーナは、次のように述べています。

ヘアマスクを使用しないでください

「私はプールに従事していて、私が望むよりも頻繁に髪を洗う必要があります。したがって、私は常に各洗髪中にトリートメントマスクを使用します。これは、髪をより健康に、より輝かしく、柔軟にし、そして脆さを防ぎます。」とスターカラーリストのSharon Dorrは言います。

ぬれた髪にホットツールを使用してください。

私の髪が100%乾いていない限り、私は熱い道具を決して使いません。結局のところ、濡れた髪への熱の影響は非常に有害です。普通の綿の枕カバーで寝たことは一度もありません。なぜなら、この布は髪から湿気を取り除き、睡眠中に摩擦を引き起こし、それが髪の破損を引き起こす可能性があるからです。だから私は絹の枕カバーだけを使います」と美容師スタイリストのJustin Marianは言います。

角質除去の段階を忘れる

「頭皮を剥離するのを忘れないでください。これは、私のように髪を洗うことがめったにない人には特に当てはまります。私は4日ごとに頭皮のケアに特別な製品を使用しています」とスタースタイリストのジェニファー・ジェペス氏は言います。

硫酸塩とシリコーンを含む製品を使用する

「私はシャンプーに関しては原則としています。私は硫酸塩とシリコーンを含むシャンプーを使うよりも数日間髪を洗わないほうがいいと思います。これらの成分は髪の色をくすんだ色にし、脱毛にも関連する可能性があります。シャンプーは、その構造と色を保護しながら、優しくあなたの髪をきれいにすべきです」と、有名なヘアースタイリストのJoseph Mayneは言います。

とかす前に髪を保護するのを忘れる

「消えない手入れ用品をつけない限り、濡れた髪をとかすことはありません。あなたは櫛で歯を治療することさえできます。そうでなければ、髪は櫛にしがみついて壊れてしまいます。」 - 髪のスタイリスト、キャロライン・アロンソンは言う。