美しさ

あなたの肌を特に理想的にするでしょう2つの強制的な手順


あなたにぴったりの美容スキンケアルーチンは、あなたの肌の健康に欠かせません。たとえば、基本的な規則の1つは、夜間化粧を洗い流すことです。しかし、この規則に加えて、他にもたくさんあります。

日焼け止めとアイクリームはあなたのスキンケアのもう一つの不可欠な部分であるべきです。完璧な保湿剤を見つけることも同様に重要です。

みんなの肌は違うので、個々のスキンケアプランを作成するときは、年齢、肌の特性、環境要因を考慮することが重要です。

どこから始めたらいいかわからない?あなたを助けるために - プロの美容師の助けを借りて作成された実用的なガイド。しかし、まず最初に。まず、肌の種類について話しましょう。

脂性肌

鏡を見たときに毛穴が大きくなっていることに気付いたでしょうか。あなたの顔は天気に関係なく油性の輝きにしばしば苦しんでいますか?たぶん、あなたは皮脂生成が増加した脂性肌を持っています。

クレンザー

汚れや皮脂の毛穴を効果的にきれいにするためによく泡立つクレンザーを選びましょう。蜂蜜溶液(コップ1杯の水またはココナッツミルクと大さじ1杯のカスティーリャ石鹸を混ぜたハチミツの混合物)で時々あなたの顔を洗うことも試みなさい - 同時に皮膚から湿気を引き出さない。
ARNAUDオイリースキンクレンジングジェル、949ラブ。 letu.ru

保湿剤

それは油性肌が保湿剤を必要としないという一般的な誤解です。これは基本的には真実ではありません。あなたが脂性肌をお持ちの場合は、単に毛穴が目詰まりしないような軽量な質感を持つ保湿剤を選択してください。さまざまな流行のフェイスオイルを使用することもできますが、ミネラルオイルは避けてください。タマンまたはグレープシードオイルを優先してください。
植物ベース保湿クリーム。 letu.ru

コンビネーションスキン

複合肌タイプが最も一般的です。肌は油性で乾燥しています。そしてこれはかなり問題です。 Tゾーン(鼻、額、あご)は一日を通して油性ですが、頬は乾いています。顔の脂肪部分はニキビとニキビに悩まされることがあります、そして頬は完全に清潔であるべきです。

クレンザー

クレンジングフォームは、コンビネーションスキンのさまざまな分野で使用するための優れたソリューションです。それらは油性肌を扱うときに効果的であり、同時に顔の残りの部分を過剰乾燥させません。
クレンジングフェイシャル&アイエリアAVENE、letu.ru

保湿剤

あなたが混合肌を持っていて、あなたが顔全体に適した保湿剤を見つけることができないならば、安全に肌の異なる領域に2つの異なる保湿剤を塗ってください。日中、保湿剤と組み合わせるときは、日焼け止めを塗ることを忘れないでください。就寝前には、特に乾燥肌には、栄養素と超保湿剤を使用してください。例えば、ホホバ油。
クラランスオイル。 letu.ru

乾燥肌

あなたが洗った直後に肌の引き締まりを感じ、そしてあなたの顔がしわの外観になりがちであるならば、そしてあなたは乾燥肌を持っている可能性が最も高いです。毎年肌はますます乾燥することができます、そしてそれは潤いであることが重要です - これは特にしわの出現を遅らせるでしょう。

クレンザー

クリーミーな質感を持つクリームは、乾燥肌をお持ちの方に最適です。これらの洗剤は、その天然油から肌を奪うことはなく、そして引き締まり感を残しません。肌への繊細な効果にもかかわらず、クリームクレンザーは効果的に肌を清潔にします。
クレンザーとさわやかな顔のH2O +、624ルーブル。 letu.ru

保湿剤

血清は、乾燥肌によく見られる軽いしわと闘います。夜には、ローズヒップオイルのように、オイルやなだめるような成分が豊富な道具を使用してください。製品の組成中のヒアルロン酸はまた、大きなプラスとなり、保湿に加えてそれは保護バリアを皮膚に提供します。
目の周りの皮膚のための血清VENUS、861摩擦。 letu.ru

敏感肌

重要:上記の肌タイプに加えて、敏感肌の方もいるでしょう。つまり、例えば、あなたは油性肌と敏感肌の両方を所有することができます。敏感肌はしばしば発赤や炎症を起こします。肌が敏感な場合は、使用するすべてのツールに細心の注意を払い、すぐに有害反応を起こすものに注意してください。

それで、あなたがあなたの肌タイプを決定した後に、適切なクレンジングと保湿剤を選んでください。

剥脱

すべての肌タイプがピーリングが必要です!スクラブは優れた角質除去剤です - 週に2〜3回使用するのに十分です。より穏やかな剥離のために、あなたは死んだ皮膚細胞を取り除くためにアルファヒドロキシ酸でマスクを使うことができます。
やさしいフェイススクラブAVENE、letu.ru

保護

すべての肌タイプにも日焼け防止が必要です。あなたが油性肌をお持ちの場合は、あなたはより軽いSPFを使用する必要があります - 原則として、SPFが高いほど、その油性と厚いテクスチャは、製品が毛穴で目詰まりし、顔の油性の輝きを高めることができるので、油性肌には適していません。そして、はい、灼熱の太陽の下で長時間帽子をかぶるのを忘れないでください!
保湿日焼け止めフェイスクリーム、699こすります。 letu.ru