ファッション

タイツを着用する前に、許可されるべきではない6つのタブーを覚えておいてください


パンストは、女性のワードローブの中で欠けている部分があり、体の不備を隠し、自信を与えます。しかし、あなたがこれだけの、女性の詳細を載せる前に、あなたはあなたが公正なセックスの間でとてもポピュラーである一連の恥ずべき間違いをしないことを確かめるべきです。 5つの最も一般的なものを考えてください。

サイズが正しくありません

ほとんどすべての服の選択から始まります。タイツはその素材のおかげで必要なサイズまで伸びるという信念は根本的に間違っています。着用時の明らかな不快感に加えて、小さすぎるサイズは既存の欠点を修正するのではなく、むしろその反対です。さらに、タイトなタイツはその強さを失い、それは最も機嫌の悪い瞬間に矢につながることがあります。

サイズが大きすぎると、膝や足首に醜いひだができるようになりますが、これも画像を装飾するものではありません。サイズのタイツを選ぶことはそれほど難しくありません - ほとんどすべてのパッケージに次元のグリッドがあります、それはあなたがあなたの身長と体重に関してあなたが望むモデルを正確に決定することを可能にするでしょう。

服との調和なし

短いスカートの下からの「ショートパンツ」または低層のズボンの下からのハイウエストを貼り付けるのは、イメージの質を落とすことがある、許されがたい間違いです。これはタイトフィットドレスの下に目立つ縫い目にも起因することができます。タイトの様々なモデル - ローまたはハイフィット、超薄型またはシームレス - を使用すると、任意の衣服に最適なペアを選択できます。

肌の色との不一致

ベージュ色のタイツは何年もの間多くの女性のためのお気に入りの一つです。足の潜在的な欠点を隠しながら、彼らはほとんどすべての服にフィットし、自然さの感覚を与えます。しかし、間違ったトーンは最も思慮深いイメージでさえも台無しにすることができます。ボディモデルはソリッドと呼ばれるものではありません - それらの色は肌の色と一致する必要があります。さもなければ、あなたは日焼けの不適切な使用の印象を受けるかもしれません。腕と脚の色の鮮やかなコントラストはmovetonです。

ボロボロのタイツ、矢印、パフ

私たちの祖母にも知られている女性のトリック。そして実際に、緊急時には、これはパンストに必然的に「走っている」矢を封じ込めるための素晴らしい方法です。あなたはこの目的のために明るい色を使うべきではありません - 他に方法がないならば、それは透明なニスを使うのが良いです。そしてもちろん、パンツの下であっても、あなたは将来そのようなタイツを着続けるべきではありません。結局のところ、時間のある矢印は大きくなるだけで、確実に他人に知られるようになります。

オープンシューズとタイツ

今日まで論争の的になっている微妙な問題。デザイナーの意見は、しかし、全会一致で - この組み合わせはもはやタブーではありません。しかし、そのようなデカルトブランチは恥ずべき間違いを犯す危険性を隠しています。フラットコースのタイツとサンダル - 範疇上容認できない組み合わせでも、あまりにもオープンシューズのサマーシューズが原因と考えられます。つま先部分にキラキラまたは目立つ縫い目のあるタイツを使用すると、最も思慮深い外観でさえも損なわれます。

不適切なパターン

それらが選択されたときにパンストの図面は別のアキレス腱です。イメージを多様化したいという願望は、しばしばスタイルに反します。脚の縦の縞は視覚的にそれらを長くし、横の縞は反対の効果を与えます。

膝部分の大きな模様は、ほっそりした脚を持つ若いファッショニスタのための選択肢であり、パッチの縫い目やタイツの様々な模様は、それらが歪んでいない場合にのみ許されます。そのため、タイツの似たようなモデルを買うときにそれを節約する価値はありません - それらの上の装飾的な縫い目は結婚のために非対称になることができます。