心理学

独身女性が関係を始めたくない11の理由


あなたが長い間一人でいるとき、あなたが常に関係にいるならば、あなたは通常見えないものを見ることができます。したがって、一人でいる時間が長いほど、これらのことを理解することができます。

1.関係が高すぎる

まじめな話:彼らは人生の意味として考えられていますが、時々あなたはそれらを得ません。はい、あなたは過去に良い関係を持っていました、しかしこれはあなたが完全にロマンスなしでいるという意味ではありません。一人きりの人生の賛美は一人でどこにありますか?これははるかに優れています。

相手は自分ではできないことをあなたに与えることはできません。

夜は歩く?完全に!理由のない花?余りにも。あなたはあなたのすべての必要を完全に満たし、あなたが一人でいること、何かを見逃していないことを感じません。

それほど自給自足であることは賢明です。

特別な誇りがあります、それはあなたがあなたの人生を完全に指示するということです。もちろん、あなたはあなたの素晴らしい友人や家族をサポートする役目を果たす必要がありますが、あなたの成功や成果はすべてあなたのおかげです。あなたは自分の請求書を自分で払い、あなたの頭の上に屋根を設け、テーブルに食べ物を置きます。一人で、そしてそれは素晴らしいようです。

あなたはロマンチックな愛なしで一生を生きることができます

健康で幸せな関係は人生に多くを加えることができますが、彼らはそれを構築しません。そして、これはあなたの人生がすでに築かれていて、そしてパートナーを持つことがフルーツの束が付いているすでにおいしいアイスクリームの上にあるだけでチェリーであるという理由だけで起こります。あなたはすでに致命的なキャリア、素晴らしいサポートシステム、たくさんの情熱と趣味を持っています。

時々あなたが抱きしめるためにあなたの近くに誰かがいるのがいいでしょう。

それはあなたがたった一人で、それが外で寒いとき、そしてソファーやベッドが大きすぎるように見えるとき、強くて暖かい手の良いペアは完璧にフィットするでしょう。あなたは一人でいることはめったにありませんが、ときどき少し身体的な愛着が必要になります。さて、そして誰がそうではありませんか?

6.はい、そしてあなたが気分に乗っているときのまれなケースでの近さは優れているでしょう

もちろん、その後のすべての操作で、誰かにあなたの服をはがしてもらいたいのです。関係は定期的な親密さを伴いますが、あなたはそれを常に必要とするわけではないので - まあ、謎です。

デートは悪夢と時間の無駄です。

あなたはそこにいました、あなたはそれをしました、あなたは喜びを得ました、しかしこれらすべては不要のようです。あなたがベストを尽くして誠意をこめて愛を捜し求めようとした時はいつでも、すべてが大きな時間の無駄にしかなりませんでした。あなたはそれが最終的に再び壊れるところにあなたの心を置くことよりもなすべきことがもっと重要です。次回は100%確信する必要がありますが、誰もまだそのように感じさせていません。

人生の愛は映画のようなものではありません。

誰もが最初のディズニーの漫画を見て、次にロマンチックなコメディを見て成長します。そこでは、愛は素晴らしい、魔法のものです。それは起こることがありますが、それはキャンディーブーケ期間と呼ばれ、通常はすぐに終了します。実生活では、愛は困難であり、必ずしも報われるわけではありません。一般的に、私はこれらの映画をもっと現実的にしたいです。

利己的であることはとても良いことです。

人生の決断をするときに誰かに考えたり相談したりする必要はありません。これはそれほど重要ではありません。すべてがとてもクールです。別の街に移動したいですか?してください!昨日購入した商品を準備する代わりに、夕食に中華料理を注文しますか?簡単です!あなたのすべての決定はあなた自身によってなされます。それは貴重です。

10.夫婦との恋人の人生よりも人生のドラマがずっと少ない

ガールフレンドがドラマを関係で共有するとき、あなたが考えることができるすべては、「ああ、それは私ではないなんて素晴らしいことです!」もちろん、それらのうちのいくつかは幸せな関係にあり、困難にもかかわらず、彼らの選ばれたものを交換しないでしょう。しかしそれでも、あなたは彼らの生活がサンタバーバラのようなものであることを否定しないでしょう。

11.愛が見つからない場合でも、それでもすべて問題ありません

あなたが一人で死ぬことを恐れていても。あなたは長い関係の考えに反対していません。実際には、あなたもそれらが好きです。しかし、これが何らかの理由で発生しない場合は、すべてがすでに揃っているので、すべてが問題ないことを確認してください。ちょっと怖いように思えても、これは心地よいことです。