関係

男と女の友情:神話か現実か


男性と女性の間の友情は、ブラウニーとドラゴンのカテゴリーから、神話のようなものです。しかし、それを信じている人もいます。それらが正しい場合はどうなりますか?見てみましょう。

それに対する主な議論は、常にこの関係の誰かがより多くを求め始めているということです。そして今度はこれは非常に悲しいことに終わります。せいぜい、何もない。つまり、小説も友情も出てこない、友達のうちの一人には傷ついた心しか残っておらず、二番目には罪悪感があります。

時々、そのような友情の終わりはセックスになります。そしてそれは非常に異なる場合があります - 少なくとも一方のパートナー(またはその両方)にとって驚きとして現れた単なる自発的セックス、またはいわゆるフレンドリーセックスとして。

そして多くの人々にとって、特に私たちの国では、セックスは非常に深刻な問題のようです。そして彼はすべてを変えたようです。そして関係の状況も。性的な魅力が親しい人たち - そして友人たち、お互いを完全に理解し合う人たちの間で生じるという事実は、親しい友人たちは何も不思議ではありません。通常の生理機能 - あなたが好きであなたを楽しむ異性の男への魅力。そして一般的に、私たちは文字通り私たちにとって快適なすべての人との接触を切望しています。それ故あなたの子供、ガールフレンドまたは姉妹にキスして抱きしめたいという願望。そしてこれはある意味で感情の現れでもあります。これらの関係と友人の関係の違いは、あなたが血に縛られていないということです。そして、あなたの間にはタブーの価値がないので、この欲望を愛撫してセックスに入ることができます。

なぜこのような状況が国民からのそのような敵意を引き起こすのでしょうか。しかし、社会は友情について、そして愛について、家族について、そして他の感情について壊滅的に明白な考えを採用しているので、実際にはそれほど明白に判断するには複雑すぎる。何らかの理由で、誰かが友人間のセックスは悪いと判断しました。しかし、なぜ私たち全員がそれを真実と見なす必要があるのでしょうか。結局のところ、人々は非常に異なっており、彼らの見解も異なっています。

さらに、何らかの理由で友人間にセックスがあった場合、これがすべてであり、友情の終わりであり、何も変更できないと考えられています。しかし、なぜ誰かがそれを言うことができないのですか?

友情とは、共通の利益、相互の尊重、相互理解および互いの援助に基づいている人々の関係です。友情は互いの個人的な同情を含み、また人間の魂の親密な側面にも影響を与えます。

セックスを考えずに友達になれます。すべての人がお互いを望んでいるわけではありませんが、それで問題ありません。人間関係についての時代遅れの、奇妙な考えに反して。とりわけ、性的欲求は特定の状況で友人同士の間でさえ起こり得る。しかし、これは2人の女性の間に友情がないという意味ではありません。

男性と女性の間の友情についてのこれらの遠く離れた固定観念はすべて現代生活の中で絶対に場所を持たない古風な思想に他なりません。そして、そのような考えがあなたの頭の中にあまりにも頻繁に現れるのであれば、それはむしろ、何かがあなたの私生活にはまったく正しくないということを意味します。

気にしないでください。この人がどのような性別であるかにかかわらず、あなたにとって興味がある人と友達になり、誰かが私たちのために考案したという考えに迷惑をかけないでください。そしてそこから絶対に意味がありません。