ファッション

フランスの女性が決してしない7つの許されない流行の間違い


フランスの女性 - 美味しさと優雅さの本当の基準。統計によれば、より強い性別の代表者の観点から最も興味深く魅力的であると考えるのはフランス人です - これは彼らの流行の例に従うための良い理由ではありませんか?しかし、最初に、フランス人女性には許されないスタイルミスを取り除こうとしてください。

ハイヒールなし

はい、フランスの女性はまったく好きではありません。彼らの主な信条は、いつでもどこでも快適さです。バレエシューズ、スリッポン、ローファー、さらにはスニーカーでさえ、エレガントな靴ほど悪くありません。同時に、あなたの便利さを奪うこともありません。そしてかかとはパーティーに最も適しています。

かさばらないブラジャー

フランス人女性は腕立て伏せや活気のある装飾的な要素を持つブラジャーで自分の選択を決してやめないでしょう。第一に、下着がはみ出して下着が美しく見えません。そして第二に、フランスでは大きすぎる胸、そして全く歓迎されない - 彼らはすべてにおいて自然さを好む。

ブランドロゴはありません

フランスの女性は無料でブランドを宣伝するつもりはないので、製品の半分の会社のロゴはプライドの理由よりもむしろ悪い味と考えられています。

飾りを並べ替えない

本物のフレンチスタイルの代表としてココシャネルは、出口の前に最後に置いたジュエリーを自分で取り除くことをお勧めします。このパリジャンの名刺スタイル - 拘束と簡潔さ、そしてきちんとしたスタイリッシュなジュエリーの最低限。

化粧と服のバランスが崩れない

化粧と衣服は同じイメージの一部です。そしてそれが調和して見えるようにするために、それらは互いに結合されなければなりません。

意図的にファッショナブルな服はありません。

ほとんどの傾向はパリから来たものですが、祖国では寒さ以上のものです。彼らはそれほど無視されているわけではありません - パリの人々はそれらから合って感動するものだけを傾向から選びます。そして、彼らはイメージのアクセントでトレンドを作ることは決してありません - むしろ、ファッショナブルなものはそれを優しく補完し、そしてそれを独占的にします。

ボディタイツなし

まさか!フランス人女性はダークマットタイツか黒ですが、半透明です。それらが画像に適していない場合、または路上で暑すぎる場合は、タイツを使用せずに行います。