心理学

なぜ沈黙が不快感を引き起こすのかそしてそれにどう対処するのか:心理学者からのアドバイス

Pin
Send
Share
Send
Send



あなたは今まで友達との会話の中で気まずいポーズを埋めるのに苦労したり、空っぽの静かな部屋にいたりして不快を感じたことがありますか?研究によると、沈黙への恐怖、または鎮静恐怖症は、テレビやラジオの電源を入れたときの背景音を原因とする全世代の病気です。今日、インスタントメッセンジャーやソーシャルネットワークのメッセージがこれらのサウンドに追加されています。これらすべてが私たちの中に絶え間ない騒音の習慣と沈黙との闘争を発展させます。

科学者によると、沈黙の恐怖は私たちが成長した状況に依存します。たとえば、両親が不必要な音を時々消して自分の考えに深く入り込んだ場合、子供の頃から慣れているので、沈黙の中で不快感を感じることはありません。同様に、あなたの両親や祖父母が誰も見ていないときでさえも常にテレビをつけたままにしているならば、あなたは自然環境としてこの背景雑音を知覚し始めるでしょう。

それにもかかわらず、それは見かけほど鎮静恐怖症のそれぞれの特定のケースを説明することは容易ではありません。何人かの学者は、沈黙と闘う理由は沈黙が通常私たち自身の声に耳を傾けることを私たちに強いるということかもしれないと信じています。制御不能でしばしば不快な考えが私たちの頭の中に生じます。だからこそ、ほとんどの人は沈黙しているのではなく、外の騒音で自分の考えを捨て去ることを好まないのです。

誰かとの会話中の厄介な沈黙に関して、そのような休止がそれほど不快な理由は、沈黙が会話の「シナリオ」の欠如であるということです。会話は失敗の危機に瀕しているように思われます。実はそうではありません。一時停止中に、両方の人が会話を継続する方法を探していることを忘れないでください。そして、はい、沈黙もコミュニケーションの一形態です。

それで、沈黙と沈黙に関連する不快感をどのように克服するか?ご存知のように、恐れを克服するための最善の方法はそれに立ち向かうことです。つまり、テレビの電源を切り、音楽を一時停止し、ソーシャルネットワークを終了します。数時間の沈黙を調整する。自分の考えと一人でいること、自分の声に耳を傾けることを自分に教える。だからあなたは沈黙を管理し、その利点を理解することを学ぶ。

Pin
Send
Share
Send
Send