健康

取り除くための6つの朝食習慣


朝食は胃が目覚めていて長い夜の後に空腹になっている日の始まりです。現時点では、胃液が活発に生産されており、食物の吸収が最も効果的です。朝食はエネルギーをリサイクルして気分が良くなるように体を調整します。しかし、多くの人は朝食を食べません。何故

1.早めに。 たとえば、ある人が遅く寝ると、彼は早起きする必要があるので、最後まで引き上げます。時間は基本的な衛生的手順と着衣のためだけに残ります。

午前中に食べたくない。 朝、食べ物を見て病気になっている人、基本的には食べていない人がいます。スクランブルエッグやオートミールの危険性についてのナンセンスを読んでいるからです。

物忘れです。 朝食メニューは夕方に承認されているようで、朝にはすべて忘れ去られています。仕事をする途中で彼は食べていないことに気づくだけです。

4.空の冷蔵庫 夕方にはきれいに食べられたものすべてが揃い、朝食を調理するものは何もありません。

5.遅く起きる、例えば12時に。 もう途中夕食があり、朝食の男は無事眠った。

午前中に調理して緊張することを嫌がる。 それから、料理用のお粥や卵よりも簡単にいくつかのサンドイッチをつかむことができます。

朝食は通常の代謝に必要です。そのような言い訳は長い間解決しなければならない健康上の問題につながるので、朝食をスキップする理由を見つける必要はありません。朝食は爽快になり、目覚めさせ、前向きに調整します。夕食前にあなたの胃の不機嫌そうな声に耳を傾けるよりも、朝に普通に食べる方が良いです。