健康

実際に健康に害を与える5つの良い習慣


有用と考えられるものすべてが実際に私たちに利益をもたらすわけではありません。いくつかの習慣は役に立たないと言うことができ、いくつかはさらに有害です。健康を保ちたいのなら、どうしてはいけませんか。

週末は長く眠る

私たちの多くは週末に一日中昼寝をする習慣があります。しないでください。はい、睡眠は体に良いです、しかし適度に。あなたの体はほぼ同時に起きるのに慣れています。月曜日の朝から目を覚ますのはさらに困難になるので、眠ろうとすると、あなたは彼にストレスを与え、そしてまたあなた自身に問題を引き起こします。ちなみに、週の睡眠不足は間違いなくあなたを傷つけます。

サラダだけを食べる

どれだけあなたが美しい姿を望んでいても、一定のダイエットはあなたに何も与えません。そしてその逆もあります。あなたはあなたの体が必要とするより重要でない栄養素を単に受け取るでしょう。それらがなければ、あなたはより悪くなるでしょう、そしてあなたの体の全ての機能は最善の方法では働かないでしょう。

夜にお茶を飲む

多くの人は夜にお茶を飲む習慣があります。ただし、このイベントは午前中に延期する必要があります。コーヒーと同じように、お茶はあなたの体に緊張性の影響を与えるので、あなたはただ眠ることができません。これは特に緑茶に当てはまります。

乱用トレーニング

急速に体重を減らすための努力において、多くの女性はあまりにも急いでいて、もちろん、彼らの強さを超えている莫大な負担を負います。体を伸ばし過ぎると、筋肉に大きな負荷がかかり、理想的な体型にまったく近づきません。

歯を磨いてください

何人かの人々は彼らの歯を絶えず磨くことからより健康になると思う。どんなに悪いことでも!もちろん、食事の後は口をすすぎ、少なくとも1日に2回歯を磨く必要があります。しかし、あなたはいつもそれをするべきではありません。あなたはそれらに何らかの利益をもたらすよりもエナメル質を損傷する可能性が高いです。