ファッション

ドレスを着ている女性による5つの恥ずべき誤り


ドレスを着るだけでは難しいと思われるでしょうか。結局ここであなたはイメージをほとんど失敗させる多くのルールを破ることができます。女性はどのような間違いを犯しますか?

間違った下着を見つけましょう。

あなたが下着を見ることができる下から透明または半透明のドレスは、間違いなく無味に見えます。さらに、あなたの下着を露出することによって、あなたはエチケットのルールにも違反します。着る服を選ぶときは、それが一つの色合いであることを確認してください。フィット感と体の下着。

しないでください

ドレスがしわになりやすい材料で作られている場合、これはアイロンをかけてはいけないという意味ではありません。それどころか反対に、この場合は特に注意が払われるべきです。家のドレスを離れる前には常に慎重にアイロンをかけてください。

間違った靴を選ぶ

履物は大きな違いを生む。例えば、短いドレスでそれは下品に見えるので、ハイヒールを必要としません。しかし、逆に、ミディの長さ、または膝の下までは、高い靴を選ぶほうが良いでしょう。

間違ったサイズ

それは衣類になるとサイズはほとんどすべての場合に重要です。シャツやデニムジャケットの場合は、もう少しものにすることができます、そしてドレスの場合それは事実上許されません。すべてのサイズが正しいことを確認してください。

不要なアクセサリーを追加する

アクセサリーもあなたを失望させることができます。例えば、非常に多くの場合、女性はそれが必要とされていない場所にベルトを置き、彼らはあまりにも多くの明るいアクセサリーと宝石類を追加します。それはスタイルと外観を台無しにするか、それがそれがそれほど面白くないようにすることからドレスから注意をそらす。