美しさ

濡れているときに髪をとかす必要がないのはなぜですか:スタイリストの禁止

Pin
Send
Share
Send
Send



あなたがトイレを出た直後に髪をとかすのに慣れていますか?髪を健康で強くしたい場合は、この習慣を断念する必要があります。

実際には、湿った髪をとかすと、髪に悪いということです。梳毛中の濡れたストランドは延性が低く不従順であり、櫛はそれらの上を滑らかに滑ることはしないが、それらにしがみつき、そして毛を折ったり引っ張ったりする。後でそれらの構造を復元することは非常に難しいでしょう - 少なくともそれはあなたに多くの時間がかかります。

髪の構造を傷つけないように、入浴後に髪をとかし始める前に、余分な液体を吸収するように濡れたストランドをタオルで優しく拭きます。その後、可能であれば、髪を自然に乾かします(最低80%)。そしてその後に初めてインストールを進めます。

ちなみに、自分の髪の毛を自然に乾かすことは、ドライヤーで乾かすよりもはるかに有益です。熱風が髪の毛を燃やす可能性があり、とりわけ、輝きと健康的な外観を失います。

だから、髪が乾いているか、ほんの少しだけ湿っているときは、コーミングを始めることができます。幅の広い歯のある紋章を好み、先端から根元までストランドを梳き始めます。あなたがヘアドライヤーまたは他のスタイリングツールでスタイリングをすることができた後に、髪に熱保護剤を事前に適用することを忘れないでください。

髪が乾くのを待つ時間がまったくない場合でも、髪を洗った後、空気中で少なくとも5分間乾かしてください。この数分でも強いダメージから髪を守ることができます。

また読んでください:あなたがあなたの髪とするべきであるべきでない6つのこと

また読んでください:あなたがそれらを台無しにしたならば、すばやく髪を育てる方法:5つの効果的な方法

また読んでください:すべてのパリの人々は即座に髪を乾かすためにこれらの5つのトリックを使います

Pin
Send
Share
Send
Send